Fulcimentum(フルキメンタム)のご紹介

Fulcimentumのイメージ 雑記

Fulcimentumとは

私のこれまでの活動(……と言うほど大袈裟なモノではありませんが)をご存知ない方や、私の作った杖MOD「Fulcimentum」についてご存知ない方に向けて、簡単に紹介をしたいと思います。

Fulcimentum(フルキメンタム)はSkyrimのSE版として2019年の3月にnexusmodsでリリースされました。木製や鋼鉄、碧水晶にスタルリム、デイドラの杖とワンド(短杖)、それらと同じ見た目の盾扱いの杖をゲーム内に追加するMODです。これらの杖のクラフトレシピも追加します。

またバニラの杖エンチャントシステムと完全な互換性を持ち、杖用付呪器でエンチャント可能となっています。このほかバニラの杖を強化した高レベルプレイヤー向けの杖なども追加します。SE版は以下からダウンロードできます。

Fulcimentum - More Staves and Wands of Skyrim
Add 9 wands and 9 staves, each with a shield of the same shape.All the staves can be made at the smithing forges. The staves is fully compatible with the vanill...

その後バージョンアップを重ねてMCMから杖の威力やコストを調整する機能も盛り込んで総合杖MODっぽくなり、LE版もリリースしました。現在(05/10/2019)はバージョン3.0となって、杖やワンドは合計18種類まで増えました。LE版のダウンロードこちらから

Fulcimentum - More Staves and Wands of Skyrim
Add 9 wands and 9 staves, each with a shield of the same shape.All the staves can be made at the smithing forges. The staves is fully compatible with the vanill...

名前も使っている画像も一緒なので、リンクも差別化が難しいですね。もうちょい次回は考えよう……。

Fulcimentum製作のキッカケ

……と、ここまではいつもの杖MODのご紹介なんですが、MOD製作の解説サイトですので表面からだけではなく、製作側の視点からも見てみましょう。

まずこのMODを作ったキッカケですが、話は2018年にさかのぼります。私はこの杖MOD「Fulcimentum」をリリースする以前にも、ワンドを追加するMOD「World of Wands」を作ってnexusでリリースしていました。全く話題にすらならなかったですし、今はHiddenにしていてnexusでも見ることはできません。

World of Wands のワンド
World of Wandsのワンド

この「World of Wands」はバニラの杖とは完全に別物で「ダガーのモーションで振る杖っぽい武器」を追加し、別の方の作った「武器を振ると魔法が飛び出すMOD」と一緒に遊んでね!というテイのMODでした。この頃から他の方のMODに乗っかるスタイルですね 笑

正直、私の意図した通りこのMODを遊んでくれた方はごく少数でしょう。どう遊ぶのか分かりづらい上に、製作方法とかPERKとかいろいろ凝ってしまって更に難解な代物だったと思います。鳴かず飛ばずで、そのまま更新することもなく放置状態でした。

杖とワンドに対する密かな?思いをつのらせたまま時は過ぎました。その後、どうせ乗っかるならバニラのシステムに乗っかるのが王道なのでは?と気付いて、Fulcimentumという形で再びSkyrimの世界にワンドをお届けすることになったのです。

まあMODにも歴史ありと言ったところでしょうか。失敗は成功のもとみたいなお話しですね。このような失敗体験を経ていたので、Fulcimentumの作りは極力分かりやすくシンプルであることにこだわっています。

杖MODの製作者的な裏話

盾っぽい杖?杖っぽい盾?

Fulcimentumで追加される装備について、実際はどのようにゲーム内に実装されているのかの解説です。特にシールドスタッフやシールドワンドは、表向きは「盾扱いの杖」とか言ってあたかも杖の一種であるかのように説明していますが、内部的に見ると何のことはなく「杖の見た目をした盾」なのです。

こうした「〇〇の見た目の盾」というアイデアは随分前からMODとして作られていて、杖の見た目をした盾についても Kearsageさん作のLE向けMOD「Staves of Skyrim」などが有名です。

Staves of Skyrim
Adds 30 new staves to the game; 15 new models, and new textures for all staves. Staves are equipped in the Shield slot, and allow you to block/parry in the same...

盾扱いのダガー、パリィイングダガーを追加するVicnさん作の「Specialized Weapon Collection」なども、こうした「〇〇の見た目の盾」系統の仲間ですね。なおSWCは下記リンク先のMiscellaneous filesのところからダウンロードできます。 逆手のダガーは盗賊プレイなどにピッタリです!

Vicn Creature Pack
Creature Resources

ただ私の作った杖っぽい盾は、エンチャントを普通のアルケイン付呪器ではなく杖用付呪器で行わせることによって更に杖っぽく見せています。こうしたドコで付呪できるかについても、MODで追加するレシピ側の設定で制御することが可能です。

何が言いたいかと言うと、表向きの振る舞いと実際のMODでの実装方法は別物だということですね。あえてミスリードを誘っている部分はありますが、ゲーム体験としてロアフレンドリーなのであれば、それはそれで良いのではないかと考えています。ただ作り手側としては仕組みをよく観察して理解する必要があります。

杖MODはなぜ手間がかかるのか

一般の杖やワンドについては、Skyrimの杖付呪システムをトレースして、全く同じ実装方法で追加しています。Skyrimでの杖のエンチャントについては、仕様が一般の武器へのエンチャントとは別物なので注意が必要です。

一般の武器は、エンチャントされていない元になる武器と、付呪するエンチャントを用意するとゲーム内でエンチャントされた武器が生成されます。これに対して杖の場合は、エンチャントされていない元になる杖と付呪するエンチャント、さらに付呪された状態の杖の三つをあらかじめMOD側で用意しておく必要があるのです。

武器5種類、エンチャント5種類を追加するMODで考えると、一般の装備MODであれば武器5つとエンチャント5つの10のレコードを用意すればOKですよね。でもこれが杖MODだと、杖5つにエンチャント5つ、さらに各杖に対して付呪済みの杖を作らなければならないので5×5の25、合計で35レコードも必要になります。

バニラの杖用エンチャントは実質43種類。杖MODで追加した杖は18種類。43×18で774レコード。それぞれの付呪レシピが必要なのでさらに倍で1500レコード以上…。種類が増えるとかかる手間もドンドン増えて行きます。ほかの魔法MODとの互換パッチも、パッチと言いつつ1つのMOD並の内容です。

こうした点が嫌がられて、杖MODはあまり作られて来なかったのだと思います。Fulcimentumはリソースを解放しているので、こうした作業面は私のMODをパクって簡易に済ませて、杖のデザインだけ凝ったようなMODが出て来ないかな〜、と期待していたりもしますが。

杖MODについては、今後もいろいろな解説の中で実例として挙げて行きたいと思ってます。膨大な作業量をこなすための時短テクニックについても盛り込んでいく予定です。

長くなりましたので、今回はそんなところで。

タイトルとURLをコピーしました